FC2ブログ

伊豆旅行記・番外編…忘れられた路…

 
 はい、伊豆旅行記・番外編でございまして(´ω`*人)

ちなみにバックナンバーはこちら↓
・伊豆旅行記その1・バナナワニ園でワニを見る編
・伊豆旅行記その2・バナナワニ園で花を観る編
・伊豆旅行記その3・昭和なお宿と射的と自販機編

こちらは寄り道編でありまして、ワタシと姫サマは海の見える広場で待機していたという
旦那様によるレポだったりします。

10-2-27-izu-01.jpg

そりゃもう絶景♪
小さな旅館の裏手でして、たぶんこの旅館に泊まればお部屋からこの絶景が楽しめるってことですな。

10-2-27-izu-02.jpg
αは旦那様が持ってっちゃったので、サブ機のPちゃん(P5000)でぷちぷち撮影。

宿を後にして、桜を見に河津まで行こうという計画なわけですが
伊豆には旧道が非常に多く…。

その忘れられた旧道に、旦那様だけが会いに行きました。

旦那様特製・廃な壁紙もあるでよ(´ω`*人)↓「続きを読む」から♪↓  

 
 廃、おいでませ番外編(´ω`*人)


てなわけで、昭和なお宿で温泉でまったり・スタッフの皆様にもご親切にしていただきほっこり気分♪

10-2-27-izu-03.jpg

朝、ワタシがちょっとトイレに行ってる隙に姫サマがこんなことを(笑)
旦那様が慌てて撮ってくれたのでよく写ってないけど~と教えてくれました。

姫サマ、お気に入りのウサちゃんの歯磨きをしてあげてたんですよ(*ノωノ)んまぁ!

このウサちゃんは寝る時も一緒なので、よくお世話してあげてて
ゴハン食べさせる仕草とかナデナデしたりとかしてるんですが歯磨きは初。

そういや、こないだ「しゃもじ」で旦那様の歯を磨いてあげてたのを見た気が。

10-2-27-izu-04.jpg

それはさておき、

伊豆には新旧の道が入り乱れているとのこと、ほんとに「ほら、あっちが旧道、そっちも旧道。」

まさに、あらこんな所に旧道が♪と歌いたくなるぐらいひっそりと大量に存在するのですね。


そして、とある旧道をちょっと進むとこんなところに。


10-2-27-izu-05.jpg

旧道は、今でも地元の方々が普通に使っている場所もあり…

しかしながらこの道は、大きな岩を置かれるなどして廃道化工事をされた完全な廃道。

忘れ去られた道なのでございます。



というわけでこの先は足場も悪くオンナ子どもが行く場所ではないということで
小さな旅館の裏手にある、海の見える広い草むらで遊ぶことに。
(写してないけど、画像の上の方に旅館があります。)




10-2-27-izu-06.jpg
旦那様撮影 α Sweet DIGITAL  AF DT-Zoom 18-70mm/f3.5-5.5(D)  ISO100


僅かに残る白線が、道路であったことを物語っています。




この道が 「道としての生涯を終えた事情」、それは昭和53年に遡ります。

昭和53年1月14日午後0時24分、伊豆大島西岸沖で発生した M7.0 の地震。
「伊豆大島近海地震」 により、この場所では震度6クラスの激震に見舞われ
地滑り・崖崩れによる激しい道路損壊が起こった場所なのであります。

32年前に発生した地震により、国道だった道路は復旧不可能と判断され
代わりに有料道路だった東伊豆道路を無料区間として活用する事により、
下田方面への交通路を確保した歴史があるのでございます。



上記、旦那様よりご説明でした。


10-2-27-izu-07.jpg
旦那様撮影 α Sweet DIGITAL  AF DT-Zoom 18-70mm/f3.5-5.5(D)  ISO100


崖崩れにより、こんな状態になっておりましたそうで。
無残なガードレールが…。


そして、この先にはトンネルがあるとのことなのです。
トンネルっていうと旦那様から「隧道」って訂正させられますけどもいわゆるトンネルです。



10-2-27-izu-08.jpg
旦那様撮影 α Sweet DIGITAL  AF DT-Zoom 18-70mm/f3.5-5.5(D)  ISO100

ワタシと姫サマが呑気に海を眺めて遊んでる頃、旦那様は発見しました。

この隧道を…。



10-2-27-izu-014.jpg
旦那様撮影 α Sweet DIGITAL  AF DT-Zoom 18-70mm/f3.5-5.5(D)  ISO100


もう使われなくなった道ですし、静寂に包まれ

当時の地震で落ちたと思われる照明器具などが寂しく転がっていたそうです。



ワタシらが遊んでるところからさほど離れていないのですが
もう木や草に隠れてしまって隧道の存在はほんと見えないんですよね。

うーん、そんなとこよく見つけたもんだ…。


で、この隧道ですが、風が吹き抜けてくる。
ということは完全に閉鎖されてるわけではないんですね。



そして、旦那様は見てきたそうです。



その風が通り抜けてくる場所を。






10-2-27-izu-09.jpg
旦那様撮影 α Sweet DIGITAL  AF DT-Zoom 18-70mm/f3.5-5.5(D)  ISO400
(クリックすると 1920x1080pixels の壁紙サイズになります)


これ、すごいなぁ…。


いや、危ないとかそういうのもありますが
実はけっこう有名な場所らしく、見に行く人もいるようでネットでも情報がちらほら。

さらに、ここを潜り抜ける命知らずな皆様方もいらっしゃるようで…。



旦那様も独身だったら行ってたかもとか言ってましたが(笑)

こういうのは、うるさく止めるよりも
「ある程度見たらちゃんと戻ってきてくれるだろうと信じてるわよ」
とクギを刺してから送り出してあげる方がこの旦那様には効果的なのですよ。多分。








ていうかワタシも生で見たかったですっ!!!






10-2-27-izu-010.jpg

ちなみに、適当に撮ってたんですけども旦那様がいた辺りはこのへんだそうで。


ワシらは平和な世界で遊んでおりました。
旅館の前には普通の大きな道路があり、普通に車が通ってます。

そのちょっと下に、こんな隧道が眠っているのでした。



こんなとこがあるんですねぇ…伊豆、なかなか奥が深いですな。



この先にも、2本の隧道があるとのことなのですが
さすがにそこは妻子持ち、引き返すのも勇気ですねってことで帰ってきました(´ω`*人)お帰りやすー♪



10-2-27-izu-011.jpg

姫サマは、暖かな日差しの中、枯れ草とウサちゃんに夢中。


うむ、ワタシも多分、姫サマがいなかった頃なら一緒に行ってたと思います(笑)



10-2-27-izu-013.jpg

まぁ、お互いにタカラモノがいるとなると「いのちだいじに」のコマンドで行動しますからねぇ。

姫サマも短い時間ながら良い景色の中で遊べて楽しかった様子。
思い出に枯れ草を一本、大事そうに持ったまま車に乗り込みました。


10-2-27-izu-012.jpg


こんな素敵な景色のちょっと横に、捨てられた道が寂しく存在しているわけで。


いやー、あの隧道に滞在してたのは2分ぐらいとのことでしたが
あの画像はすごい構図もまとまってて光と影のバランスもよく、
レンブラントの絵画を思わせるような雰囲気になっておりましたね~~。

その数分であんないい画像撮れたとか羨ましすぎー。ムキー!



というわけで番外編でございました。

ラストレポは、華やかなお花見でございます~♪
スポンサーサイト



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secre

プロフィール

Azami♪

  • Author:Azami♪
  • 手作り大好きなAzami♪の
    暴走手作り日記へようこそ
Twitter
通販・イベント他♪
↓食べログ記録
289767.jpg
↓第1期公認@ビューティスト
(メンバー)に認定されました♪

↓クックパッドで遊んでます♪
14-6-10-b-mini.jpg
↓こちらのショップに委託中♪
-DOLLCE-ドルチェ
Dollcebanner.gif
『I・Doll』の公式情報サイト

ドールショウ
dsba.jpg
AK-GARDEN
AK-GARDEN 小さな模型好き、小さな人形好きのためのお祭り
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー+月別アーカイブ
 
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
いくつになったの
リンク
ブログ内検索