FC2ブログ

夏休み第5日目・廃村から、あの空へ旅立とう。

 
 はい、とうとう旅行記録第5日目に突入です。
今回のレポでこの旅行レポは最後でございます。

夏休み第1日目「津軽海峡冬景色な日」はこちら。

夏休み第2日目「夏の八甲田を歩いてみないか」はこちら。

夏休み第3日目「東北の軍艦島を目指して」はこちら。

夏休み第4日目「アブの脅威・そして計画は」はこちら。

07-8-15-1.jpg


関東最大級の廃墟と、消えゆく廃村を尋ねました。
おヒマな方と廃な方はどうぞおつきあいくださいませ。

 
 
 はい、いつもながら再びおいでませ(´ω`*人)

このレポで旅レポ終了となりますので辛抱強く付き合ってやってくださいまし。


07-8-15-2.jpg

で、昨日の夕方、

・このまま深夜まで狂ったように走って帰宅する。
・どこかに泊まって体力回復してから再スタートする。

の、2択となったわけでございまして、
そこはやはり、無理せず一泊してゆっくり帰りましょうという結論に。


しかし、しかしですよ。
せっかく体力回復したわけですから、
寄り道をして行こうじゃないかと。

日光の杉並木を抜けて、

日光をスルーして(え


07-8-15-3.jpg

混雑する観光地とは別の道を進みます。



07-8-15-4.jpg

長い長いトンネルを抜けると。



07-8-15-5.jpg

そこは、いつか来た場所。

だいぶ以前になりますが、
旦那様と仲間たちみんなで来た場所。


07-8-15-6.jpg

変わらぬ姿を見せてくれていました。
お久しぶりです。


07-8-15-7.jpg

「孫よ~!!!足尾銅山なのじゃ!!
かつて栄えた巨大な工場に萌えるがよい!!!」

「じーちゃん、オレ、廃墟よりアイス食いてー。」




07-8-15-8.jpg

足尾は、関東ではかなり有名な廃スポットです。

今では、観光施設として
様々な場所が残されたままになっています。


07-8-15-9.jpg

取り壊すにも莫大な費用がかかることでしょうし、
このまま残して、いろいろなことを学ぶ場として大切にしていただきたいものです。


07-8-15-10.jpg

それにしても今日もむっちゃいい天気でした。

関東にはアブがいないのだなぁと、ちょっと感動。


07-8-15-11.jpg

ハルちゃんの帽子が羨ましい。

「Azamiのタオルのほっかむりも似合うわよ。」

ありがとう(涙


07-8-15-12.jpg

この道はもう使われることはないのですねぇ。
なんとも、哀愁漂うものがあります。


07-8-15-13.jpg

もちろん危険もありますので
クマ除けの鈴なんか持ってるとちょっと安心かもしれません。
まさに自己責任の地。


07-8-15-14.jpg

いちばん大きな道路から見える風景。

ここでは、子供たちがこの施設を写生していました。
カメ爺さまもいました。

人を惹き付けてやまない廃墟。不思議なものです。






見渡してみた動画です↑


07-8-15-15.jpg

骨組みだけになった場所。
旦那様も、なんでこう廃れゆくものに惹かれるのか自分でもわからないと言います。


07-8-15-16.jpg

かつての栄えた場所、というところに
様々な想像を掻き立てられるということと
その歴史を学ぶことによって得られるものの大きさに惹かれるのでしょうか。


07-8-15-17.jpg

ばっちり観光施設がございます。
トイレもキレイです。
数百円で、銅山の歴史を学べます。
施設のおっちゃんが笑顔でお出迎えしてくださいます。おすすめです。


07-8-15-18.jpg

使われていた、とても古い橋。

危険なので、隣接された橋を渡ります。


07-8-15-19.jpg

そして、近くには廃村が。

こんな建物が延々と続きます。
誰も居ない村です。


07-8-15-20.jpg

危険なので、お邪魔することはできませんが。

室内には、家財道具が残っていたりします。


07-8-15-21.jpg

たくさんの人々が住んでいたのでしょうね。

なんとも寂しい風景です。


07-8-15-22.jpg

対照的に、多くのイキモノも存在します。

植物も、建物を飲み込むように育っています。


07-8-15-23.jpg

たくさんのトンボたちも、この廃村に住んでいます。

そして、人を怖がりません。
指を差し出せばとまってくれそうです。


07-8-15-24.jpg

以前出会った単車も、まだそこに居ました。

もう持ち主に会えないはずですが、ずっとそこに居ます。
またここを訪れるときまでここに居てくれるのでしょうか。


07-8-15-25.jpg

そして、以前来た時よりも
その廃村は減っていました。

危険すぎる建物は取り壊されてしまったようです。
そりゃそうですな。


07-8-15-26.jpg

そして、またいつか来れる日までとご挨拶をして
この旅行の幕を閉じるのでした。

その後は、渋滞にハマることもなく
とっとと帰ってくることができました。


2,000km以上を駆け抜けた旅でした。

今回の旅は、
カルチャーショックの連続だったりとか、スゴいもの見れたりとか
様々なことをお勉強できた非常に有意義なものでございました。
旦那様とずっと一緒にいられて幸せでした(´ω`*人)

あんなに遠くまでの道のりを
ずっと1人で運転してくれた旦那様、ほんとにお疲れ様でした!!

旅先で親切にしていただいた旅館やホテルのみなさま、
施設などの方々にも心より感謝申し上げます。


またいつか、東北への旅を!

07-8-15-27.jpg

banner_02.gif  
↑ランキングボタン♪↑長々と読んでくださってありがとうございました(´ω`*人)
スポンサーサイト



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secre

あしお~
そういえば小学校の時1回見学しただけですねぇ。

こんなに廃な場所とは・・・
知りませんでした。(某携帯のおにーさん口調にて)

廃村というのは必ず戻ってこれないように台所を壊すんだそうです。
あ~そそられます!
ぜひ廃墟廃線話をいたしましょう。

りゅうの様♪

あらっ、見学したことがありましたか~。
なんだか、以前来たときよりも観光地度が上がっていたような気がします。
誰も人がいない印象があったのですが、けっこう見学者がいてびっくりでしたよ。

で、ご招待メールしましたので、非公開な部分をお楽しみあれでございます(´ω`*人)

ぽち様♪

そうなんですか~、それは初めて聞きました!
なるほど、戻ってこれないように…なんだか感慨深いですねぇ。
廃なお話でおもいっきり盛り上がれそうですな♪
こういう廃物件を散策していると、日本って広いんだなと実感させられますね。
プロフィール

Azami♪

  • Author:Azami♪
  • 手作り大好きなAzami♪の
    暴走手作り日記へようこそ
Twitter
通販・イベント他♪
↓食べログ記録
289767.jpg
↓第1期公認@ビューティスト
(メンバー)に認定されました♪

↓クックパッドで遊んでます♪
14-6-10-b-mini.jpg
↓こちらのショップに委託中♪
-DOLLCE-ドルチェ
Dollcebanner.gif
『I・Doll』の公式情報サイト

ドールショウ
dsba.jpg
AK-GARDEN
AK-GARDEN 小さな模型好き、小さな人形好きのためのお祭り
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー+月別アーカイブ
 
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いくつになったの
リンク
ブログ内検索