FC2ブログ

廃キング・何処へ行く…。

 
 はい、本日はですね、旦那様とお休みだったのですよ。

07-7-2-1.jpg

それゆえの長編レポ・微妙なハイキング…謎の雄叫び…

すんげー長いレポでございますので
おヒマな方、「続きを読む」からどうぞです→
 
 はい、恒例ながらふたたびおいでませ(´ω`*人)

というわけでですね、早起きしてお弁当作って
とっとと出発しましたのは6時20分頃でしたか。

07-7-2-2.jpg

「どこ行くんだよー?」

そんな孫モンチのわくわく気分を崩壊させるような廃な場所とかであることは秘密。

で。

わりと気温も低かったので助かりましたね。
小雨降る中、出発となりましたが
それでも暑いよりいいかな、と(´ω`*人)

奥多摩方面へ走り続けまして、到着しましたのは…。

07-7-2-3.jpg

ココです。

日原鍾乳洞。

07-7-2-4.jpg

午前8時半頃到着しまして、さっそく洞窟探検ですぜ!!イヤッホォ!!

っていうか、平日の早朝から来る物好きはいないらしく、
一番乗り・且つ、他に誰も居ない貸切状態の鍾乳洞散策となりました。

いやーん、2人っきりだなんてー(´ω`*人)

07-7-2-5.jpg

「孫よ~~~!!!日原鍾乳洞じゃ!!
このひんやりとした涼しさを堪能するがよい!!」


「じーちゃん!これ涼しいって言うんじゃねーよ!寒すぎるよマジで!!」


はい、鍾乳洞内、激寒でした。


07-7-2-6.jpg

しかも暗い。足場悪い。サムイ。

しかしながら!行かねばならぬ止めてくださるななのですよ。
うわー、寒いー。
でもそれも、寒さにわりと強い二人ですのでしばらくすると慣れてきまして。

07-7-2-7.jpg

これが、なかなかに広い!
昔、あぶくま洞に行ったことがあるのですが
そこよりもさらにおどろおどろしいというか、なかなか怖いですね。

石とか積み上げてあったりして。

07-7-2-8.jpg

光が届かないぐらいの天井。

足元が滑りやすいので、歩くのも注意が必要です。

07-7-2-9.jpg

灯りを頼りにズンドコ進みます。
いやー、こんなとこに1人で置いてかれたら絶対迷っちゃうなー、とか思ったんですが


それ言うと旦那様がダッシュで走り去ってくれちゃいそうな気もしたので黙って進みます。

いやぁ別に信頼してないってワケじゃないんですよ?ええ。

07-7-2-10.jpg

「孫よ!!水琴窟の音が聞こえるぞ!!」

「すげぇ!ほんとだ!!」


まことにかすかな、それでいて心洗われるような美しい音が聞こえました。
たぶん、土日とかで他にもお客さんがいたりすると聞こえないかもですね。


07-7-2-11.jpg

「孫よ!!三途の川じゃ!!ワシら、ここで終わりか!?」

「何言ってんだよじーちゃん!とっとと歩いてよ。」



07-7-2-12.jpg

このように、いろんな名称の付いた場所があちこちにありました。
なるほどねぇ~。ふむふむ。

すごく広いホールのようなところに出ました。
で、フラッシュ焚いて撮ったら



07-7-2-13.jpg

すんません、オーブしか写りませんでした(違

そりゃ~こんだけ湿気があったら水滴が反射しまくりですわな…。



07-7-2-14.jpg

ちょっと広さが伝わりにくいですが
かなり広い場所でした。

「わー」とか「ひょー♪」とか叫ぶと、すんごい響きます。楽しいです。

マイケルジャクソンとかに「ホー!!」とか叫んでいただきたいものです。


07-7-2-15.jpg

こちらは、オーブでなくて全て一円玉。

石仏などの近辺には、こうして一円玉がびっしりと貼り付けられていました。
岩肌にくっついちゃうもんなんですねぇ。


07-7-2-16.jpg

それにしても、他に誰一人いない洞窟内ってなんだか異世界ですね。

川口ヒロシ探検隊とかになった気分ですが
けっこう疲れますよこれって。

「体の弱い方、お年寄りはこの先急斜面階段ですのでご注意ください」とか書いてあります。

たぶん丈夫なほうだと思いますのでどんどこ登ります。

07-7-2-17.jpg

見上げてびっくり、こんなとこ。

かなりの急な階段です。
階段の一段一段そのものがすでに斜面になってるので滑りやすいったらないです。


07-7-2-18.jpg

「待って~~~(汗」

楽しげにどんど進む旦那様の後を追う情けないワタクシ。

それでも、こういう探検チックな鍾乳洞はワタクシもとっても楽しかったです。



07-7-2-19.jpg

無事に生還。
まぁ、観光地ですから普通に戻ってこれるんですが。


07-7-2-20.jpg

そんな感じで、楽しい鍾乳洞探検を終え、
また戻ります。

「落石注意」「走行注意」「動物注意」「危険」

など書かれた看板がやたらと目に付くのは気のせいですかそうですか。


07-7-2-21.jpg

鍾乳洞の外は、キレイな川が流れてました。

さて、次はどこに行きましょう?




07-7-2-22.jpg

で、途中で見つけた、とあるつり橋。

旦那様が事前にどこかのサイトで知っていたらしいです。

渡るんですかそうですか。ちょっとドキドキ…。



07-7-2-23.jpg

…。


走るなって書いてあるから(´ω`*人)



走るなぁぁぁぁぁぁあ!!!揺らすなぁぁぁぁぁぁ!!!

しかも、「このつり橋は3人以上で渡らないでください」とか書いてありましたので

1人ずつね、ひとりずつ。



07-7-2-24.jpg

こえ~~~~~~~~。

うひょ~~~~~~~。


でもAzamiは基本的に単細胞のアホなので渡ってるうちに怖さを忘れます。


07-7-2-25.jpg

でもこれ見てちょっとコワくなったりして。別な意味で。



07-7-2-26.jpg

つり橋を渡ると、手掘りのトンネルが。
小さなトンネルです。可愛らしいです。


07-7-2-27.jpg

トンネルを抜けると、だいぶくたびれた道が。


07-7-2-28.jpg

振り返ると注意書き。

はい、気をつけます。ホントに。


07-7-2-29.jpg

下は川。けっこう急流です。
落ちたらあっさり、ですね。


07-7-2-30.jpg

で、またつり橋を1人ずつ渡って戻るのでした。


07-7-2-31.jpg

車を走らせながら、途中の風景なども見たり。

すごい景色です。


07-7-2-32.jpg

アップで見ると、使われなくなった廃線なども見られます。
うーん、使われなくなった廃線や廃道、なんともワビサビな世界ですね。


07-7-2-33.jpg

そしてお次は廃なトンネル。

反対側は、カーブになっていて向こう側が全く見えずに真っ暗闇です。
もちろん、足元も整備されていないのでゴツゴツ。


07-7-2-34.jpg

トンネルに差し込む外の光がいい感じですねぇ。

こういうところに惹かれるのでしょうねぇ。廃な人々は。


そしてさらに車を走らせて、たどり着いたのは奥多摩湖。


07-7-2-35.jpg

なぜかオトコマエくんがいました。旅行中でしょうか?

で、奥多摩湖そばにある「水と緑のふれあい館」にてちょっと休憩。

しかし、この時、何やらケモノの吼える声のようなものが…。

あんなの聞いたことないんですけど(汗
く、クマですか!?
かなり長いこと吼える声が聞こえまして、ビビってたんですが。
イヌとかじゃないです。あんな鳴き声しませんて。
そうですね例えるならアレですね。

エヴァンゲリオンが暴走したときみたいな声。

そんなのが山中から響いてきたら怖いじゃないっすか。

なにがあったんだろうかと不安を掻き立てられる咆哮にビビりつつも
呑気にふれあい館でダムの歴史について学んできたりと
なかなかに充実したお勉強タイムを過ごすことが出来ました。
「水と緑のふれあい館」無料ですし楽しいですよ。

お土産屋さんでは、奥多摩産のわさび漬けを購入。
明日の旦那様のおつまみにしようかと(´ω`*人)


07-7-2-36.jpg

ふれあい館の外回りには、石碑がたくさんあり、
縄文時代の住居跡などもありました。

中央あたりにあるのが「いろり」みたいですね。見えます?四角っぽいの。



07-7-2-37.jpg

そして今日のラスト。
廃道です。使われなくなった「道」ですね。

右側に見えるのは、ガードレールのなれの果てです。


07-7-2-38.jpg

そして、もうこれ以上は進めない、というところで探検を終了。

雨のあとですし、無茶は禁物です。


07-7-2-39.jpg

てなわけで、そろそろ帰りましょうかと。

普通の道を走っておりますと、上の方になにやら不思議なものが。


07-7-2-40.jpg

とっても小さな、無人のトロッコが…。

動いてました。使われてるんですね~。
旦那様に動画を撮ってもらいました。シュールです。




不思議な感じですねぇ…。
石灰石を運ぶためのもので、奥多摩工業曳索鉄道線というそうです。
なかなかに鉄な世界です。



そんな感じで、廃なモノや謎なモノと触れ合う「廃キング」を終了いたしました。

さすがに雨が降ったり止んだりの不安定な空模様でしたので
あまりつっこんだ探検はできなかったのですが楽しかったです~(´ω`*人)

最後の画像は、奥多摩湖です。
また楽しい廃キングに行きたいねーと相談中です♪



※注意:こんなとこ(特に廃道・廃線)に行ってみよっかなーと思われる皆様は、
必ずそれ相応の装備をしてからの敢行をおすすめします。
雨具・救急用品セット・笛・飲み物・非常食程度は必ず携行し
それなりの服装・靴でおでかけください。自己責任でよろしくです。


07-7-2-41.jpg

banner_02.gif  
↑ランキングボタン♪↑廃キングレポ長いのに読んでくださってありがとうでした(´ω`*人)
スポンサーサイト



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secre

廃線廃道とか惹かれますね、すっごく
無人のトロッコ(ケーブルっぽい?)も面白いですね
【鉄】関係にはつい目が・・・

こんな近場にも結構いろいろあるもんですね

omi様♪

んまぁ(´ω`*人)
惹かれますか(´ω`*人)そうですか!!
仲間がいて嬉しいと、旦那様が申しておりますよ~。
いろいろ検索して、次回の行き場所を検討中なんですよ。


で、どこ行きます?(をぃ

 低温多湿な洞窟探検、きっと忘れる事無い冒険に違いないですよね。心霊現象にも見舞われた様ですし(違ゥ


>それなりの服装・靴でおでかけください。自己責任でよろしくです。

 嗚呼~、そういえば(観光地ではありましたが)吹雪の中をシャツ1枚で、雪中行軍みたいなことをした事がありますね~~~orz(だって、いきなり吹雪くんだもん。。。流石に山の天気は:泣)
 そういう訳で、すんごい納得感が。
 マジで「計画的に!」って事ですよね。




 ハルサル劇場の番外編にはびっくり(笑

廃キングすてきですね。
人がいたのにいなくなってしまったあとって寂しさと不思議な空気が漂ってますよね。私もいってみたいなー。今日アキバでラスト2着ゲットできました。とっても可愛くて嬉しくて発狂しそうです☆

オトコマエ君、どこにいく

オトコマエ君、一回り大きくなるためには、
ここじゃだめだよ。
某楠にいかなくっちゃ!

山奥の工場って言うのも、あやしげで、なんだかいいっすねぇ。
実はショッカーの秘密工場って設定がぴったりじゃないですか。
覆面に全身タイツの人とかいませんでしたか?

りゅうの様♪

いやー、フラッシュ焚けば、どこを撮っても心霊写真ですし(違

うひょぉ、雪中行軍ですか!それはまた八甲田山なことを…。
こんなもん持ってかなくてもいいかな~、ぐらいにいろいろ用意しておいた方がいいですよね。
懐中電灯も必須でした~。穴ぐらですし。
これからの季節ですと、虫除けスプレーと日焼け止めも手放せませんねぇ…。
何処に連れてかれてもいいように、さらに万全の準備を整えておくつもりです~(笑


ハルサル劇場プチ番外編、ときどき登場予定ですのでチェックよろしくです(´ω`*人)

らな様♪

いいですよぉ~、廃キング(笑
廃墟なんかも素敵です。かなり危険度高いですが、なんともその侘しさがまた萌えどころなのですよ(´ω`*人)
あっ、いつもお買い上げありがとうございます!!拝見させていただきました~♪
みなさまお似合いで、そりゃもうこちらも嬉しいでございます♪
また素敵なちびドレスを製作しますので、ご期待くださいませ~!!

さくままタソ♪

某楠!!そうですね、そこで巨大ボディ入手ですよ。
残されたオトコマエくんのボディには、モンチのヘッドでも付けておきましょうかねぇ。

ああ、なるほど、もうちょっとよく見ておけばよかったですね。
きっと、ヘンな悲鳴とか、ショッカー隊員募集中の張り紙とかあったかもしれませんし。
ケモノの足跡のように見えたものも、きっとアレですね、改造人間が脱走した時の痕跡かもしれません。
デイリーポータル風に楽しいレポを書いてみたいものですw

すてきです~

廃道、廃線、廃工場、廃虚・・・
全てに萌え萌えです~~~

ぽち様♪

おおお!!ぽち様も同志でしたか!!
いいですよねぇ、この退廃的なというか何と言うか…。
旦那様がまた何処かに行こうと企んでるので、またレポをお楽しみにです~。
なんでしたらご一緒に(´ω`*人)なんて。
プロフィール

Azami♪

  • Author:Azami♪
  • 手作り大好きなAzami♪の
    暴走手作り日記へようこそ
Twitter
通販・イベント他♪
↓食べログ記録
289767.jpg
↓第1期公認@ビューティスト
(メンバー)に認定されました♪

↓クックパッドで遊んでます♪
14-6-10-b-mini.jpg
↓こちらのショップに委託中♪
-DOLLCE-ドルチェ
Dollcebanner.gif
『I・Doll』の公式情報サイト

ドールショウ
dsba.jpg
AK-GARDEN
AK-GARDEN 小さな模型好き、小さな人形好きのためのお祭り
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー+月別アーカイブ
 
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
いくつになったの
リンク
ブログ内検索